低圧産業用太陽光発電

事務所・倉庫等の屋根活用、
50kW 以下でメリット最大限の設置提案

自社事務所・倉庫等などあいている屋根に太陽光発電を設置。
申請出力を10kW以下にすることにより、効果をより得やすくなり、
光熱費の削減と設置メリットの最大化を実現します。

太陽光発電の設置効果

事務所の縦葺き屋根

BEFORE
AFTER

設置地域 徳島県
システム容量 14.805kW
申請出力 10kW未満

月々の(平均)
経済効果

月々の(平均)売電収入26,122
月々の(平均)電気代削減8,489
合計
34,611円(税込)

倉庫の折板屋根

BEFORE
AFTER

設置地域 兵庫県
システム容量 24.56kW
申請出力 10kW未満

月々の(平均)
経済効果

月々の(平均)売電収入5,140
月々の(平均)電気代削減38,052
合計
43,192円(税込)

初期費用ゼロでオトクに太陽光発電を
設置することも可能です。

初期費用・手数料ゼロで
無理のない太陽光発電導入

カナメソーラーZERO

低圧産業用太陽光発電とは...

低圧産業用太陽光発電とは設置容量が
50kW以下のものを指します。
税法上の優遇や導入のしやすさなどの
メリットがあります。

設置前に屋根の修繕を

長期間運用する太陽光発電を設置するための屋根を修繕して、健康な状態にします。
金属屋根メーカー・施工会社として培ったノウハウを活かし、屋根の種類や状態、
今後の見通しを適切に判断し、屋根の改修方法をご提案します。

傷んだ折板屋根を改修後、
太陽光発電を設置した事例

錆びた金属屋根
カバー工法で改修!
太陽光発電設置

錆びた金属屋根は塗装で改修することも多いですが、太陽光発電を設置することを考えると
今の段階で金属屋根カバー改修をすることにより、安心して太陽光発電を長期運用することができます。

傷んだ波形スレート屋根を改修後、
太陽光発電を設置した事例

老朽化したスレート屋根
カバー工法で改修!
太陽光発電設置

老朽化した波形スレート屋根は強度の問題から、太陽光発電の設置を断念せざるを得ませんでした。
また、アスベスト粉じん飛散の問題により、金属屋根でカバー改修することで、安心して太陽光発電設置が可能となります。

エリアによっては、屋根改修工事を含めた太陽光発電設置工事も承ります。詳細はお問い合せください。

屋根があればどんな建物でも
必ず効果は生み出せます。
まずはお問い合わせください。